kumasunのblog

卓球・卓球療法・障がい者スポーツについて書いています。

2012年11月

今月は藤クラブどころか高倉にも行くことができず、欲求不満がたまってきていました。

子供たちの相手をしてボールを打つことは週1~2回位。大体多球または基本練習の相手。

これが練習不足を補ってくれており、打球感覚は何とか忘れていなかった・・・・・が、体力が!

昨日、やっと高倉に行くことができまともな練習ができましたが2時間もたたないうちに足がつりそうになってしまいました。

調子は良かっただけに、少しショック!


茅ヶ崎で女子チームのお二方の練習のお相手させていただきました。一年程前から始まったこの会、神奈川県立体育センター登録指導員としてスポーツリーダーバンクから卓球を教えて欲しいと連絡いただき、月三回の練習でしたが、このところ都合が合わなくて久しぶりの練習会でした。

私の仕事も、まだうまく回っていないためいつも遅れての参加でした。

それでも最後の時間にはダブルスのゲームも行い、白熱した内容でした。 やはり基本だけより少しでもゲームができると面白い。

指導として行うか? 一緒に仲間として練習会にした方が良いのか?
今後の方向に思案中です。

デイサービスでの全体活動のレクリエーションで卓球を取り入れて約一年。

活動としての定着感はあるものの、身体レベルに個人差が大きく上達の度合いや身体状況のアップについてデーターを取ることが難しくあれこれ考えておりました。

今月の全体ミーティングにおいて夕方の小グループ活動で卓球グループをつくることにしました。

正確に言うと、小グループで卓球グループをつくりたいため、夕方の時間を活用したいと提案させていただいたのです。

それにこじつけて他にも小グループでカラオケ・園芸・DVD・ボードゲーム・手芸・機能訓練といった具合に夕方のクラブ活動的なものをつくることにいたしました。

今後、定期的に変化を見ていく予定です。

イメージ 1
UWFという厚木市内の練習場に息子と藤沢ジュニアのO山君親子と行ってきました。
 
オーナーのI上氏は彼が高校生のころからの旧知の仲で、先般の神奈川県小学生卓球大会で会ってお誘いを受けたのがきっかけでした。
 
選手としても相当な技巧派で、I上氏率いるクラブチーム”UWF”はセブンイレブンカップにも出場している強者ぞろい。
 
指導もかなりの実績で、K原高校やS高校をかなりのレベルまで引き上げた程。
 
子供たちへのアドバイスも的確で、今後の注意点として覚えておきます。特に”怒ってはいけない”こと(笑)! 親子だとつい怒ってしまいがち・・・・・・・。
 
渋滞や道に迷った挙句、何とか到着。 いろいろとご迷惑をおかけしました。 子供たちも喜んでおり、また機会があればぜひお邪魔したいと思います。

息子のラバーもVEGAにしてみました。軟らかめのEUROPEです。
 
今日の藤沢ジュニア練習ではいい感じで打っていたようです。
 
水曜日の練習時間は2時間なのであまりひとりひとりにかかっていられないのが難点。 全体的に身体が回ってきているのでいい打ち方のできる選手はいいボールがくるようになってきた!
 
あとは自分の打ったボールを見る癖!  この癖が直らない選手が多いので、一人でも多く悪い癖を直してレベルアップしないと全体のレベルが上がっていかない。
 
土曜日は他の練習場へO山親子とkumaパパ親子で行ってきます。 強い子たちの刺激を受けてこれたらいいな~!

↑このページのトップヘ