kumasunのblog

卓球・卓球療法・障がい者スポーツについて書いています。

2010年11月

大分調子も戻りつつありますが、まだ咳がひどい! 

早く帰って寝よう!と 家で夕食後PCを見ていたら来月行われる新体連全国大会年代別の組み合わせ&タイムテーブルが発表されているではありませんか。

我々のチームは40代後半+50代だというのに、30代の部に出場しなければならない理不尽さ。

まぁ・・・・・自分達の相手はわかった(名前だけ)ので周りのチームを見ていくと、大学時代の後輩M宮君のいる埼玉県のチームや、昔所属していたC葉クラブなど、知り合いがチョコチョコ出ているようなので、そちらが楽しみってとこかな?

とはいえ、試合は試合、しかも全国大会なのではやいとこスッキリさせて練習しなくては!

久しぶりにS木先生と打ちました。場所は県立Y須賀高校。

ここの定時制の校長をしているとのことで、F谷君他何人かが練習に来ているのでお招きに預かり練習させていただきました。

相変わらずS木先生のカットは早くて深い。昔の黒+黒のラバーの時より変化は見やすいけど、やはり巧い。

アンチスピンの使い方が上手なので、アンチより裏ソフトの面を狙ったほうが良いくらいアンチで変化をつけてくる。


クロスバイクを購入してからというもの、目標としていた「週一自転車通勤」は辛うじて達成しております。

雨天の週は、「やっと一回」達成、天気の良い週は2~3回のときも。

生来ナマケモノの私。いつまで続くかわからないので”この場に宣言”でもしておかないとすぐにくじけてしまいそうなのです。

なかなか練習できず運動不足気味なので、少しでも体力低下を抑えたいので長続きさせなくては!

公認審判員資格の更新のため講習会に参加。

協会理事のため更新は必須なれど、審判として活動したのは一度だけ。「更新手数料」という名の上納金を納める、といったところでしょうか?

中高年、しかも女性が圧倒的に多い。午後の実技の時間も、シビアな質問も多く聞かれ「こんなに厳しくジャッジしたら試合中喧嘩になっちゃうよ~!」と思ったのは私だけではなさそう・・・・・。

やはりコーチングのほうがコミュニケーションが取れて楽しい!

しかしコーチは的確なアドバイスをしてあげることができなくて負けてしまったり、審判も良い試合サポートができれば達成感が得られるでしょうし、どちらも難しいですね。

今日は久しぶりにラケットを握った気がします。

体調不良ですっきりしなかった今週もようやく終わろうという本日、やっと息子を連れて藤沢ジュニアへ。

息子は相変わらずで、基本のみやっていますがサービス・フォア・バック・フットワーク・切り替えくらいなものですが・・・・・・・・週一ではこんなペースかな?

娘の時のようにアツくなっていないので、ぼちぼちやっているといったところです。

それでもサービスは全然だけど、あとは何となく形になってきている。ただしランダム練習がないので「この辺にボールが来る」とわかっていないとラケットに当たらない・・・・・・・。

試合ができるようになるのは当分先の話です。

↑このページのトップヘ